タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

ポンソAC2013 

2013 Bourgogne cuvee du pinson domaine Ponsot (ラックコーポレーション) ◎ クリーンで味わいに濁りがない。 × 酸が高く、短調で複雑さがない。遊びがない。穏やかさもない。 抜栓当初は、やわらかさや機微を感じたのですが、2杯目以降は、ふわっと…

Laurent Roumier

2008 Chambolle Musigny 1er Cru Les Charmes / Domaine Laurent Roumier 先日飲んだ07ポンソジュヴレと似ている。特に酸の個性と強さが似ている。また梅酢・レーズンフレーヴァーも似ている。 ただ、深み・複雑さ・アタック~アフターまでの変化が、ローラ…

自然派

Wさんと飲みました。

イッカァァァーーーーーーン!!

持ち寄りワイン会で「今日もどのワインも状態がよく楽しかった」なんていうことが、あろうはずもないと思っています。 5本持ち寄ったら、1本はダメで、3本は普通で、1本はまあまあ良い、そんな感じではないでしょうか?なかなか、納得のいくコンディション…

趣味

傷物語を見ながら、適当につづってみようかと思います。

残念古酒とはまき

1971 ミュジニー ドミニク・ローラン を開けた。あのドミニクローランではなく、別のネゴシアンです。最初(一口目は)酸が生きていて当たりかと思ったのですが、甘ったるい残糖感のある作りが前面に現れ飽きてしまいました。数杯飲んで冷蔵庫に放置。ミュジ…

パカレとポンソ

ポンソ結構好きです。

状況は輪をかけて飲まない方向へ進む

ワインを飲まなくなり、仕事がさらに激務化しました。そうこうすると、ここ4カ月続いた疲労がたたり、体調を崩し、風邪が鼻にきました。そうすると体調が悪い上に、味覚がない状態に。そこに並行して妻が癌と診断され、もう、それどころではなくなりました。…

ワインを飲む気になれない

2016年5月初めの平野弥パカレワイン会の余韻がまだ尾を引き、いまだワインを飲む気になれない。先日、シャンボールを開けたのですが、納得できず、1杯目の途中で嫌になり、残りは放置しています。 来月くらいには、出回っているコンディションのワインを飲…

コーヒーの豆の状態について

焙煎後のコーヒーについてですが、経験上、会社に置いておいた方が香りが飛ばずなおかつ酸化が穏やかに進む傾向があります。不味いはずの池袋の水でも美味しく楽しめます。 ワインの平野弥の件で、温度管理の重要性を認識させられました。温度は20度を超えて…

ワインの状態

ワインの状態がいいとは、これまで傷が無い、えぐさがない、軽い香りを失っていないといった様々な点で感じていた。しかし、別の見方で、ワインのディティールが明確になっている状態であるということこそが、状態がよいといえるのではないかと学んだ。ワイ…

輸入元について

先週平野弥にて、平野弥直輸入のPacalet 2013を飲んで、コンディションに対する見方が変わりました。他のインポータの同じ銘柄と比べて、透明度が高く、香りと味の端の部分のディティールが壊れていません。平野弥が他のインポータを扱ってもディティールが…

Philippe Pacalet 2013

平野弥さんにて13年水平の会に参加してまいりました。

1997 Chablis Grand Cru Bougros William Fevre ¥6,100 

1997 Chablis Grand Cru Bougros William Fevre ¥6,100 前回の記事とほぼ同等の時期(4月頭)に開けたこのワイン、還元香が厳しくて、不活性ガスをいれて放置していました。後で不味ければ捨てようと思っていたのですが、忘れていました。 このワイン、1月ほ…

外交的ワイン

当方は、内向的に分類されます。 先ほどまで、小学校のクラスの父親の集まりがあり、行ってまいりました。父親の集まりは任意で開かれており、3カ月に1回程度飲み会をしたりキャンプをしたりします。そのクラスの父母は、妻いわく、「すごい人が集まっている…

酒屋にて

都心の酒屋さんでワイン談義をしていた。 当初は1988Chablis Grand Cru Les Preusesを見に行ったのですが、 前回飲んだ1994シャブリレクロ シャブリジェンヌが気に食わず、 躊躇した。状態は良さそうであるものの、判断材料がなく、結局保留した。 古酒…

面白い/面白くない

某氏にはいつも勉強させられる。今回は、某氏の今後の購入計画のために銘柄を伏せることになるのですが、①もう作っていない生産者Aのワイン、②同ドメーヌの区画で作った現生産者Bのワイン、③そして左記の現生産者Bの生産者Aの区画以外のワインを比較して飲ん…

1997 Chablis Grand Cru Bougros William Fevre 4日目

忙しく飲む暇もなく、3分の2以上残してキッチンに放置していました。 日曜日開けて、水曜日の本日再度飲んだので、4日目です。 初日感じた酸化のニアンスは健在であるものの、一方で、還元的であった香り、石油系の香りが飛び、自然な香りとなっていた。そう…

1997 Chablis Grand Cru Bougros William Fevre

1997 Chablis Grand Cru Bougros William Fevre やや酸化が進んでいる。また、グランクリュというほどの内容もない。 昔のウィリアムフェーブルはこんなものなのか? もう一本買ってしまったのでさっさと確認してみることにする。 後報

追記

↓の記事に、追記しました。ルフレーヴの高騰は愛好家の無知ではないと、推察しました。

シャルドネが好きなんですが、飲みたいものが市場にありません。

3か月前ほどに64シャブリ・グルヌイユ・ドメーヌテツ(正しくは違う発音なのですが・・・)を飲んで、感銘を受けました。あれからシャブリ古酒を見ています。 その後、96のワイン会に行き、酸の豊かなヴィンテージの良さと、シャルドネの相性を改めて感心し…

ロブマイヤーは不要なのか

驚愕のワイングラスに出会ってしまった。 サッポログループネットショップ > サヴァ 15ozビール/ワイン: WINE MARKET PARTY

内的根拠

昨日より大阪にいる。 連泊で出張に出るとなぜか書く気になるのはなぜだろうか。とりとめもなく、書いてみる。書きたいので。

うつうつと過ごす

日中にルフレーヴのブラニー1er赤を見つけた。そのショップは、以前から知っていたのだが、珍しいワインが多く、釣りのショップなのではないかと警戒して購入には至らなかった。

無題

ワインを飲んで、特に新しく得るものがなく、特に書く気もしない。そんな停滞がずっと続く。

[珈琲] 理想の焙煎の深さは全部煎り

焙煎機はこれまで電気・熱風式のジェネカフェを使っていましたが、直火で焼くことにこだわりたかったことと、今の環境であればそれができることから、直火の珈琲焙煎機 創造をかたちへ | トレンドアイファクトリー を使っています。

実は華やかなシトー派

田中先生の御言葉 コートドールを開墾したのはシトー派であり、禁欲、節約、服従、勤勉、黙考、内面性、宗教性、神へ捧げるという言葉に代表され、「楽しいブルゴーニュ」とは相いれない。十字軍を率いたベルナール・クレアボーに象徴される。異端のイスラム…

Philippe Pacalet

2010 Puligny-Montrachet Philippe Pacalet インポータ:野村ユニソン、販売:常陸屋 このお店、店内はしっかりライトアップされ、人のスペースとワインのスペースが同居していた。このパカレは、店頭ではなく、奥の段ボールに管理されていたので、購入する…

真珠について

2010 Vosne Romanee 1er Cru Les Chaumes Domaine Francois Lamarche インポータ:エクセラ、販売:WineNavi 12/29の帰省直前1時間前に抜栓しました。つがれた一杯は深みがありつつ儚げで、儚げでありつつ実はタンニンがしっかりしていて、タンニンがしっか…

コタツの上で2005

2005 Nuit-Saint-George AU BAS DE COMBE D.J.Coudray Bizot 05は酸が低いと思う。だけれど、最近、二回このことを言ったら、それぞれ否定されました。03の次に低いのではないだろうかとも思う。それを果実やタンニンや果皮などで補い味を成り立たせている。…

Leroy Aligote

2009 Bourgogne Aligote Domaine Leroy LUCK CORPORATION.販売:某G店舗 状態は良く、初日は硫黄しか香らない。3日目には硫黄も飛び、清らかで押し付けの無い味わいになる。優しく透明で、酸化の兆しもなく、美しい造形を保つ。chardonnayが陥る外面の良さは…

散歩をした

明けましておめでとうございます。 いま故郷におります。家族も出払っているため、朝食をいただいて、ひなたぼっこのために散歩に出かけました。東京だと空気が汚く、クルマがうるさいので家を出たくありませんが、田舎だと気持ちがいいです。田舎のよさを満…

ワインは魔術

ワインは何のために飲むのであろうか? それは偉大なインスピレーションを受けるために飲むのである。では偉大なインスピレーションは、どのようなワインからでも得ることができるのであろうか?それはNo!である。月並みな区画からでは、得られない。また、…

パンが私たちを養うのではない

ワインを美味しい/まずいという怠惰な分野に貶めている、昨今です。そして、物質的な、地上的な視点で食事を解釈することに慣れ切っています。ということで、次を抜粋しました。 ------------------------------------------------------------------------…

ルネ・ラリック 売り切りれましたぁぁぁぁぁ

【LALIQUE】ルネ・ラリック LILLEグラス2客セット - アンティック 姉妹社 買えばよかったのでしょうか・・・

未更新 つづき

2004 ブルゴーニュ(ブラン) ブノワ・アント ヌーベルセレクション、やなせ 3日目 このワインはラフォンの焼き直しである、ということを前回述べた。 3日目になり、ますますラフォンになってきた。 率直にますます美味しい。それは結構なことであるのだが…

未更新

2004 ブルゴーニュ(ブラン) ブノワ・アント ヌーベルセレクション、やなせ 1日目は樽香と樽のタンニンに覆われ、強い酸が目立ち沈黙。 2日目は昔のラフォン張りのブリュレを展開。 「良い」とは思うが、その「良い」は、90年代のテンプレート上での「良…

ラリック リール ブランデー コニャック テイスティング グラスが売っている

【LALIQUE】ルネ・ラリック LILLEグラス2客セット - アンティック 姉妹社 2客セットですが、お安いです。どなたか、一脚づつ買いませんか?いやーでもすでに2客もっているし・・・

2005年ニュイ・サン・ジョルジュ

いろいろ飲ませてもらいました。2005年のころのニュイ・サン・ジョルジュは面白くないと、再認識しました。すべて、紋切り型に抽出され、田舎臭いレーズンフレーバが鼻につき、ややノイジーな香りが多々あります。酸はあまり綺麗でないように感じます。 2005…

パカレ ニュイ・サン・ジョルジュ 2010

2010 ニュイ・サン・ジョルジュ フィリップ・パカレ インポータ:野村ユニソン 販売:やなせ ヴィンテージ違い(11→10)、インポータ、ショップ違いです。こちらのもののほうがいいような・・・。それもどこがと言われると、曖昧なのですが、味と味のつなが…

パカレ ニュイ・サン・ジョルジュ 

2011 ニュイ・サン・ジョルジュ フィリップ・パカレインポータ:テラベール、購入元:イージーワイン 1日目はタンニンが目に見え、2日目に溶け込むようにしてテクスチャが磨かれて全快に開くのはいつもの通り。ACブルゴーニュに対して味わいの厚さ、複雑さ…

AOCと思い込み

日本銀行は一つの株式会社でしかなく、その株式会社が発行した日本銀行券を皆が信用し取引をしている。本来価値のなかったものを「金」という概念を仕立て上げ、信じさせている。我々が生きるために一日働き、お金を稼ぐ。人によっては命より大事なお金だけ…

ブログタイトル名の微修正

ブルゴーニュレポートから、ブルゴーニュ・所感レポートに変更しました。 ブルゴーニュ地方を巡ったわけでもないですし、実体に即してみました。

ラリック リール ブランデー コニャック テイスティング グラス

グラスクラシックさんにて購入。(写真はお断りしお借りしました。) http://glass-glass-classic.com/?pid=93666808 ラリックの創業者ルネラリック本人デザインの存命時代のブランデーグラス。1945年以前、おおよそ1930年頃に作られたもの。アンティークで…

パカレ ブルゴーニュ VVのほうがいい

2012 ブルゴーニュ フィリップ・パカレ(ジュヴレとシャンボールのAC区画) 2012 ブルゴーニュ VV フィリップ・パカレ(ヴォーヌのAC区画) インポータ:野村ユニソン、販売:WinFix 10年パカレのベールエールに度肝を抜かれ、パカレフィーバを迎えていまし…

パカレ 再び!!

2010 ジュヴレ・シャンベルタン 1erベルエール フィリップパカレ インポータ:テラヴェール、販売:イトウ パカレは2014年に飲んで以来久しぶりです。10年のジュヴレに当たって、12年のシャンボールをいくつか飲んで当たり、なぜか忘れていました。その時…

ポールペルノ セーフかアウトか微妙

2012 ピュリニーモンラッシェ クロ・ド・フォラティエール ポールペルノ インポータAMZ、販売:ウメムラ なによりもタルタルしい香りが強く、樽の香りを飛ばしても、樽のタンニンが厳しい。この樽のタンニンが消えるのは10年かかるのではないかと思う。 10年…

田中さん、もうついていけません

1988 ヴォーヌ・ロマネ マルコンソール トマ・モワラール 輸入・販売:カーヴ ド タナカ 熱劣化がひどく、×。ここの店から4本購入し、ここの店の人と飲んだときに2本、それぞれ開けましたが、どれも状態が悪いものでした。フランスの店と提携して輸入してい…

フーリエさん・・・、

2013 ブルゴーニュ フーリエ(ネゴシアン) イトウさん、(再飲) ハーフに入れて数日おき、再インしました。下水の香りは飛んだものの粉っぽさ、即ちタンニンの粗さ、アルコールの不自然さは変わりなく、2杯ほど飲み気持ちが悪くなり、夕食も食べず寝ました…

結構ですフーリエさん

2013 ブルゴーニュ フーリエ(ネゴシアン) 豊通 、いとう 抜栓直後、不愉快な香りがあり、グラスに注ぐとそれもなくなったものの、酸、アルコール、香りすべてが人工的で、気持ちが悪い。味も粉っぽい。後味が下水っぽい。2杯目でギブアップです。 気持ち悪…