タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

3月から4月にかけての近況報告

2012年3月30日が終わって、2011年度の仕事が一段落して帰路に着き、
嫁と子が実家に行って不在のため、久しぶりに料理の材料を購入した。

3月に入って子供の学校が終わり春休みに入ったあと、家族が実家に行き
それとともに激務がシュール激務になり、いつもなら外食はせず、朝、
昼のお弁当、夕食を自炊するのですが、シュール激務により、家にいる
時間と移動時間が睡眠時間となり、一切自分で料理ができなくなって
しまった。

ラクトベジタリアンにつき、食べ物は限られており、それからは、
朝:おにぎり→昼なし→夜トマトパスタ(ベーコン抜き)→
朝:おにぎり→昼インドカレー→夜トマトパスタ(ベーコン抜き)→・・
のローテションで、後半にちゃんとしたパンを食べたときは、
パンのおいしさを深く理解できた。

そんな中、3/30はやっと自分の食べたいものの材料を買い、図書館の
並木道をあるくのは、本当に、感慨深く、泣いてしまった。これまで
肉体や感情の要求に耳を傾けず、熱が出ても山形→大阪と移動して
講師をしてみたり、そんな肉体と感情のほうは枯れ、活発に活動しつづ
け牽引することができたのは、意識と自我の過剰な活性化によるもの
でした。
その並木道をあるくとき、やっと、その意識と自我のスイッチをオフに
でき、ほっとできました。よく、この2週間半、生き延びることができた
と感慨深く思いました。


4月に入り、期が変わり、一息つくかと思っていたのが、その後も
忙しさは収まらず、どうやら来週後半から、更なる過酷な日々が
待っていることが見えてきました。生き延びることができるか、
若干自信はありませんが、うまく手を抜きゴールしたいと切に
思います。

広告を非表示にする