タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

2012年印象に残ったワイン(1)

1988年 クロサンドニ デュジャック
今年の新年会のワイン。
今年の中で最も官能的で人の心を惑わす逸品。
このワインはLa Tour d'Argentで購入。さすがはトゥールダルジャンでコンディションばっちりでした。保管や輸送が良かったのでしょう。桜のように淡く、切なく官能的でした。
デュジャックはそのあと、97クロサンドニや97クロドラロシュや04コンボットを頂きましたが、熟成がされていないようで、あの淡い官能的な味わいになっていませんでした。97であればあと10年は待ちたいです。

1997年 シャサーニュ・モンラッシェ レ・ショメー ラモネ

1997年 シャサーニュ・モンラッシェ ルショット ラモネ

知性的で見事に要素を揃えているルショットとは対極的に、ショーメは羽のように軽く透明感がありアタックからアフターにかけてやわらかさと静寂があり、柔らかい猫の毛に触れているよう。
コートドールの白のグランクリュやピュリニーにはないこの方向性は、大変分かりにくいですが、注目すべきキャラクターです。他のヴィンテージは飲んだことがないので、このヴィンテージのみか、ほかも同じようなのか、今後確認していきたいです。

続く

広告を非表示にする