タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

なぜ、Tasterは味見の楽しみを増やしますか?

f:id:machiya11:20130630215206j:plain

Pourquoi le Taster multiplie-t-il les plaisirs de la degustation?

la forme du Taster a ete soigneusement etudiee pour amener le maximum de perceptions aromatiques.
sa creation a necessite l'elaboration de nombreux prototypes avant d'atteindre l'efficacite maximum.
Chaque IMPITOYABLE est realise ala main et souffle bouche dans an cristal tres pur.
Transparence,elegance et finesse sont le resultat de lefficacite.
Chaque Taster est une piece unique authentifiee par sa signature sur la base.

なぜ、Tasterは味見の楽しみを増やしますか?
Tasterの形は、芳しい認識の最大限を持ってくるために、慎重に研究されました。
彼/彼女/それの創造は、最大効率に達する前に、多数のプロトタイプの発展を必要としました。あらゆるPITILESSは成し遂げられた翼手です、そして、非常に純粋な年の呼吸口が水晶です。透明度、優雅さと鋭さは、lefficaciteの結果です。
あらゆるTasterは、原則で彼/彼女/それのサインによって認証されるユニークな部分です。

(Powered by yahoo!翻訳)

 

ワイングラスは昔はラッパ型で口が開いたものが主流でした。それをオーストリアのクラウス・リーデルさん(リーデル)が1958年にチューリップ型のグラスを考案し、現在チューリップ型がメインになっている。このようにグラスは近年改良されており、まだ究極的なグラスには到っていないと思う。

 

なお巷で言われているグラスのポイントで次には異論がある。

 

1)ワインはグラスの一番膨らんでいるところまで注ぎ、液面の表面積を最大にする必要がある。

ワインの量を減らし、極少量にすると香りが立つことから、真ではあらず。

 

2)大きいグラスでは、香りが発散する

リーデル・ソムリエグラス・ブルゴーニュは例外

 

3)形状がおなじであれば、香りの出方もおなじ。

形状が似ていても、香りが異なる。ただ不思議なことに、ロブマイヤーは同じグラスでも形状がかなり異なる(口径の広さ、ボウルの大きさ・高さなど)が、概ね香りは同じ。時間的変化もほぼ同じ。形状も重要であるが、材質によっても香りが異なると思われる。

 

4)リーデルは壊れやすい

⇒扱いに問題があるため壊れる。グラスのせいではない。

 

5)高いグラスでは、ワインが負ける。

安いグラスではワインが表現されない。 

 

広告を非表示にする