読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

ルロワ

f:id:machiya11:20131005212358j:plain

①Duval-Leroy Champagne Femme 1996
 デュヴァル・ルロワ シャンパーニュ・ファム 1996年・泡 

青りんご、蜜の香り、甘いのみ口。親しみやすいシャンパン。
その一方で、価格は親しみやすくない。


③Maison Leroy Leroy d'Auvenay Bourgogne Blanc 1982
 メゾン・ルロワ ルロワ・ドーヴネ・ブルゴーニュ・ブラン 1982年・白

幻のルロワ・ドーヴネ・ブルゴーニュ。
バターと蜜の香りのボリュームは圧巻。その裏で若干酸化が感じられる。
コルクの限界か。また香りが若干単純なのもしょうがないか。
一方で味わいはスマート。興味深い。

④Domaine Leroy Bourgogne Grand Ordinaire Rouge 2010
ドメーヌ・ルロワ グラン・オーディネール・ルージュ 2010年・赤
青臭く、芯がある。そしてチャーミングではあるがアバズレにならない品のある
赤系のベリー。酸も美しい。余韻も美しい。お手本のようなワイン。

⑤Maison Leroy Beaune Montee Rouge 1973
 メゾン・ルロワ ボーヌ モンテ・ルージュ 1973年・赤

サービス当初はいいのですが、その後終焉を迎えたフレーバが支配。

⑥Domaine Leroy Vosne Romanee Genaivrieres 1990
 ドメーヌ・ルロワ ヴォーヌ・ロマネ ジュヌヴリエール 1990年・赤

適度なボリュームで張りのあるテクスチャー。
果実の甘さを若干感じるが、酸や複雑さがフォロー。
味わいの構成要素はシンプルではあるが、それぞれのボリュームが大きい。
香りは高くない。(時間とともにネガティブなフレーバが顔を出してきた。)
芯の強はもない。 
リッチではあるが、陰影がない。

 

立地条件からすると、なかなか素性がいい畑ではあるものの、
その上部のプルミエクリュ以上の有する特異性がない。華もない。

広告を非表示にする