タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

コーヒー失敗談

本日こどものいた幼稚園(藤野シュタイナーこども園)のオープンデーでコーヒーを出しました。
そのために、1週間前から焙煎し、朝ミルして、ネルとポットをもって、藤野駅の前の店で南アルプスの天然水を買って、万全を期しました。
豆もCOE11位のエルサルバドルとレイトオブハーベスト1位のブラジルナチュラルにしました。COEは10位以上になると途端に品質が上がります。11位なので圏内のクオリティです。さすがに1位や2位には勝てませんが。



しかし、美味しくないな・・・、具体的には、堅いミネラルの中にエグミが固まっており奥行き、深みを表現できていない状況でした。
焙煎が悪いのか、湯温が悪いのか、注ぎ方が悪いのか、豆が閉じている日なのか、いろいろ考えていました。でも直りませんでした。

その後、残った南アルプスの天然水を飲んだのですが、これが不健全に堅く味が閉じこもりエネルギー感や開放感が無く、行き詰った味をしていました。
これが原因だ!と分かりました。



その後、上の子の親のクラス会(こどもの学園での生活を説明し先生とお話をする会)終了後、学園の浄水でブラジルとエルサルバドルを出しました。60点程度の品質でしたが、まあ外で出せたにしては良くできたと思います。

広告を非表示にする