ブルゴーニュワインの感想

     所詮感想です。

シャブリ・グラン・クリュ・ヴァルミュール

f:id:machiya11:20140511200016j:plain

95,92,91を水平。この91,92には、醸造の変化を。92から95には、ヴィンテージの差を感じます。

91は樽とバトナージュで強調されたかのような豊満さがあり、92は樽香がなく、細さと透明感と若干の薄さを感じ、95は92の中心に凝縮間と寒さがあります。ボーヌでたとえるなら、91が90年代のムルソー、92がピュリニークラヴァイヨンルフレーブ、95がフォラティエ。

なお、95には微かな塩素臭がありました。それをフィルタリングしてみると、95はよかったと思います。

ルーアンは、対外、大きく外すことはないが、大きく飛ばすことがない、無難なつくりをする。
ある意味、レストランワインとして料理を引きたてるのにいいかもしれないが、ワイン単体としては対外面白くない。ヴァルミュールらしかったのか、何なのか、もう一度ちゃんと考えてみたい。