ブルゴーニュワインの感想

     所詮感想です。

基本

f:id:machiya11:20140723214531j:plain

 ワインを一本飲まないと語ってはいけない、ことはない。
上下の濃淡、ビンとグラスでの空気に触れることによる変化の違いはあるにせよ、
一杯も、一本も、得られるものは本質的に同じ。
もし一杯飲んで理解できないなら、一本飲んでも理解できない。
むしろ、同等レベルの近隣区画のワインを同時にティスティングするほうが、相対的な比較の中からつかみやすい。過去に飲んだワインを思い出して比較するのは理解が進んだ人のなせる技であり、基本は比較ティスティングが好ましい。

 

なお、以前に飲んだ、同年のブーグロのほうが倍以上、完成度が高かった。