タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

コストパフォーマンス

f:id:machiya11:20141026213203j:plain

2007 ブルゴーニュ・ルージュ Dm de château de chorey(ドメーヌ・ド・シャトー・ドゥ・ショレイ)

f:id:machiya11:20141101230144j:plain

2009 ショレィ・レ・ボーヌ  Dm de château de chorey(ドメーヌ・ド・シャトー・ドゥ・ショレイ)

07はタイトで、時間とともにやや開く。フワッとした酒体ではなく、ごりっとしたタンニンが主体で、芯となるミネラルはない。

09はファットでごりっとしたタンニンはなく、赤黒系のチャーミング。やや馬小屋さん。キャラはトルショーとルジェの中間。
どちらもコストパフォーマンスはよいが、オンリーワンではない。
飲んだ後ににじみ出る味わいのフィードバックが不足しており、故に、構成要素に隙間を感じ、表面的である。

なお、この生産者の04のボーヌ1erのなにかを飲んだが、ボルドーのようなタンニンが目立つ。ストイックなサンテステフか。タンニンがワインを支えており、シャンボール・ヴァンサン・ジャニアールのようなミネラルで支える作りになっていない。

広告を非表示にする