タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

ラルロ コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ クロ・デュ・シャポー 2012

ラルロの2012 プティラルロがあまりによく、他の畑を試してみた。

2012 コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ クロ・デュ・シャポー 

ドメーヌ・ド・ラルロ

ん・・・。ダメ。

 

まず重く黒い果実がきて乳酸菌飲料と接着剤、その後すぐ、ゴリゴリしたタンニンと煮干しの出汁のようなえぐみがでて、それらが水平に滲む。味わいは水平的である。

2012のプティラルロにあった、上部~中部にかけてのフワッとしたミルフィーユのような多層的な味わいがなく、いきなり下のレイヤーの味わいが来る点がよろしくない。熟成したらこの出汁のニアンスがさらに前面に出てきて、微妙な感じになりそうである。

AMZのラルロ記事では、クロ・デュ・シャポーは上部の地層が降りてきており、平地なのに軽い味わいだと言っていたが、重い。

 

ダメだ。

 

ロマネサンヴィヴァンに通じたプティラルロだが、あれは、ラルロの個性というより、土地の個性だったと、改めて思う。土壌が大事である。

広告を非表示にする