読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

未更新

2004 ブルゴーニュ(ブラン) ブノワ・アント

ヌーベルセレクション、やなせ

 

1日目は樽香と樽のタンニンに覆われ、強い酸が目立ち沈黙。

2日目は昔のラフォン張りのブリュレを展開。

 

「良い」とは思うが、その「良い」は、90年代のテンプレート上での「良い」である。

自分が求めるのは、昔を振り返ることではなく、先に進むこと、概念の更新で良いと感じない。

なお、酸がこれほど強固で、中身に伴わず、樽をバンバンに利かせるというのも理解しがたい。この生産者の歴史が浅いが故に伴う判断のように思う。化粧ばかり厚いというのもげんなりしてしまう。

広告を非表示にする