タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

1997 Chablis Grand Cru Bougros William Fevre ¥6,100 

1997 Chablis Grand Cru Bougros  William Fevre   ¥6,100 

 

前回の記事とほぼ同等の時期(4月頭)に開けたこのワイン、還元香が厳しくて、不活性ガスをいれて放置していました。後で不味ければ捨てようと思っていたのですが、忘れていました。

このワイン、1月ほどして完全に還元香が抜け、綺麗な綿菓子的で、ブランデーのような、ワインに仕上がっています。シャブリというのは、正直抜栓から飲み頃のタイミングが難しいとつくづく思います。

ワイン会も面白いのですが、ワイン会は、多種多様なワインを交互に飲みますし、ワインのすべてを受け取れていない(≠理解できていないのではない)状況にあります。ワインのことはわかるのですが、そういう付き合いのなかでは、既に意外性を見つけることができなくなってきています。ですので、ワイン会で出会うケースで新しい発見に驚くのは、非常にまれになってきてしまいます。

ですが、一本を時間を置き、上から下まで味わうことで、思わぬ形で、いままで知らなかった側面に出会うことができることに気づきました。

ワインを一通り知ってしまったあとでは、ティスティングという手法では、新発見に至らないため喜びが薄く、興味深いものを1人もしくは2,3人で飲まないと・・・と思ったりします。

広告を非表示にする