ブルゴーニュワインの感想

     所詮感想です。

宝石との類似性

七つ屋志のぶの宝石匣

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%83%E3%81%A4%E5%B1%8B%E5%BF%97%E3%81%AE%E3%81%B6%E3%81%AE%E5%AE%9D%E7%9F%B3%E5%8C%A3-KC-KISS-%E4%BA%8C%E3%83%8E%E5%AE%AE-%E7%9F%A5%E5%AD%90/dp/4063409406/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1479127812&sr=8-3&keywords=%E4%B8%83%E3%81%A4%E5%B1%8B%E5%BF%97%E3%81%AE%E3%81%B6%E3%81%AE%E5%AE%9D%E7%9F%B3%E5%8C%A3www.amazon.co.jp

を読んで、ワインとの相関性を考えてしまった。

《作られる課程》

■共通項■双方に大地からとれ人の手によって加工されます。原石は長い年月をかけて生成され、潜在的な品質が”大地”によってきまります。また宝石のデザイナー、ブランドで購入者は評価が変わります。石そのものの価値よりもブランド、メーカが重要視されたりします。
ブルゴーニュでも大地が大事なはずなのに、「ブルゴーニュは生産者で選べ」と語られたりします。DRCやジャイエやルーミエなどもブランドで、それを有り難がられています。

《歴史》

■共通項■作られた宝石は、「アレキサンドライト」のように「ロシア帝国皇帝に献上された日である4月29日が、皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日だったため、 この非常に珍しい宝石にアレキサンドライトという名前がつけられたとされている」といった物語がつき、物語性が喜ばれます。まるでレザムルーズなどの物語性のようです。

《使い方》
■共通項■誕生日、結婚などの記念などに送られたりします。またパーティや儀式で着飾るために使われます。それらは権力の象徴であったりし、権力者が身につけます。
ワインを記念日に開けたり、こどもの生まれた年のワインをかって送ったりパーティでふるまわれたりしますね。ロマネコンティなど権力者の象徴だったりもします。


■ワインについて■ワイン愛好家がいて、その人の記念日であればあけようかなとは思いますが、家族が誕生日だから、結婚記念日だからといって、ワインを開けようとは思いません。(その人がワインを求めていないのであれば)逆に、飲みたいときであり、ちょうど良く熟成させたものがあるのであれば、記念日であれ、記念日でなくても開けたいです。ワインはそれを飲めるタイミングで飲むのであって、記念日のために存在しません。なので、「今日は記念日なので・・・」というテンプレートで向かい合うことはしません。

 

《価値観》
■共通項■本質はそのものが持っている「美」に価値を感じ、のめりこんでいきます。その美を自分のものにすることで、何かを得ているのでしょう。その下の価値観として、社会的なステータスを得ることを目的にする人もいます。「美」そのものを理解することは困難であり、「違い」を判ることも多くの人には困難です。そのため、多くの人は社会的なステータスしか理解できなかったりします。
分からない人には、何カラットであるとか、カタログ値にばかり目が行きます。でもそれは「美」ではないんですよね。結局その価値を理解しないものがそれを得て喜んでいます。「豚に真珠」とはまさにいい得て妙です。

 

■ワインについて■アンヌグロが言っていますが「どのみち、ワインは教養が無い人には理解されない。正しく言うならもともと教養がある人か、それとも教養に向かって心を開ける人でなければならない」なのだと思うのです。言い換えさせてもらうと、ワインの美を理解できる人というのは、その美を必要としている人にのみ開かれているのだと思うのです。必要としないからその美を認識できない。美があることが認識できない。これは嗅覚や味覚の能力の問題以前に、求めていないからなのだと思うのです。なので、求めていない人が、ワインを飲む必要ないのです。だから、ワインの美が何か分からないから飲むということは起こりえず、ワインの美を我々の内側に理解していて、それを開けるために飲んでいるという表現のほうが正しいのかもしれません。それがアンヌグロのいう「教養」と解釈しています。

 


《消費》
■共通項■宝石は類似する装飾品と比べて格段に高価です。それにもかかわらず一部の人を虜にさせて(宝石を趣味にして)、虜となった人は散財します。ひどい場合、経済破綻することもあります。また価格が高いものがいいという考えに至る人もいます。

 

■ワイン■ワインもその他食材と比べると非常に高価です。しかしながら、宝石が高いことを考えると、それも致し方ないと思ってしまったりします。ワインが高いことがワインを貶めることにはならないので、勝手に高くしてしまった社会的ステータスが悪いのです。

 

《相違点》

ただ相違点もあります。

①消費によってなくなる/なくならない

宝石は消費によってなくなりません。何回でも使いまわせ、相続したり、質にながしたりできたりします。無くならないことで、この地上に執着しているかのようです。ですので、ワインが消費によってなくなってくれてよかったと思います。消費されて物質として消えるとき、存在が昇華され、天使の歌となるのだと思います。そういうワインが美しいではないですか。

 

②楽しみ方が視覚/味覚嗅覚

視覚的な生き物の人は宝石のほうがいいのかもいれません。

 

③女性/男性がはまる。

女性が宝石にはまり、男性がワインにはまるというイメージがあります。
本当に宝石に女性がはまりやすいのか・・・ということは正直よくわかりません。
もっというと、宝石の美を見出す人は、女性に多いのか、よくわかりません。

ワインに関しては、はっきりいえます。男性にワインを美でありワインごとの相違を見出す人が多いです。女性は味覚嗅覚が優れているのかもしれませんが、心の底からそれを求める人に、あまりお会いしたことがありません。

これに関しては、宝石/ワインという対立軸が間違っているかもしれません。

人と人間関係/モノに対して、それぞれ、女性と男性が入れ込む傾向にあるといった方がいいかもしれません。(ただ個体差があるので一概に言えません)

女性的な視点からすると、誰とワインを飲むかが重要なのかもしれません。
そして、どんな料理をともにし、どんな会話をして、それが何かの記念日であったりすることが喜びを得られるのかもしません。
自分は、誰と飲んでも、どんな料理とともにあっても、どんな会話であろうが、記念日でもなくても、ワインが素晴らしければハッピーです。逆にどんなにその場が素晴らしくても、ワインがNoであれば、後悔していたりします。そのモノ自体が大事であると思っています。

これは極端な視点ですが、関係性の中に身を置き調和が取れることに喜びを感じる女性性と社会的不調和を介さず追求する男性性の違いだと思います。(なお男性であっても女性性を有していますし、女性でも男性性を有していたりします)

 

そういういみで、視覚的な美であることが、女性が宝石を好きという理由にはならないのだと思います。