ブルゴーニュワインの感想

     所詮感想です。

ダヴィッド・レクラパールのルージュ

f:id:machiya11:20170127222719j:plain

2009年 Coteaux Champenois"Trepail Rouge"
コトーシャンプノワ”トレパイユ ルージュ” 
ダヴィット・レクラパール

 開けたくて、開けました。あけましておめでとうございます>

これが良ければ、彼のブランドノワールを買ってみようと思っていました。
類似ワインとしては、シャサーニュの赤が挙げられます。ただ、シャサーニュと比べ透明感があります。そして、色は赤なのですが、赤色がついているだけで、タンニンは低いです。それ故に透明感があります。また、ブレットの香りがあり、苦手な人(ロビーさんとか)は避けた方がいいです。
シャサーニュといっても広いので、モルジョあたりが近いかもしれません。間違っても、リショットとかではありません。結構土臭いワインです。
ここの土壌はピノノワール100% '52,'62,年に植えた区画でセレクションマサルの木があるで、地下300mまでチョーク質。確かに樹齢の高さが感じられる神経質な感じとチョークの硬いニアンスがあります。
 
良いワインですが、あまり好みではありません。