ブルゴーニュワインの感想

     所詮感想です。

熱意を感じます

f:id:machiya11:20180403014936j:plain


ラマルシュは、ラックが正規インポーターなのですが、エクセラというインポーターもあつかっているようです。東北のワインショップからセールで購入したとき、エクセラものとラックものがきました。そのときには、11年のショームを6本購入し、一本がラック、5本がエクセラでした。

本当はエクセラから飲んでいき、最後にラックをと思っていましたが、間違えて二番目にラックを開けてしまいました。

エクセラの印象は、硬くゴツゴツした印象で時間が経つと開いてきましたが、ラックは最初から開き、華麗なワインでした。


平野弥さん曰く、熱がはいると風味が飛び、硬く感じるとのことで、エクセラは典型でした。


今日のエクセラは10年のショームで、これがエクセラは最後です。やはり、ゴツゴツした味わいです。残念なインポーターです。


なお、となりの写真のワインは、95ピュセルなのですが、さすが海外酒販。熱が入っています。