タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

ワイン気質占い(多血質)


多血質:

・感情豊かなゆえ、味わいの機微をとらえる事ができる。
 例えばハーブでもセルフィーユ/ミント/アニスのレイヤーからなる
 など把握する能力を有する。その味わい・香りを、フルカラーで楽しむ。

・その反面、雰囲気に流される。
 例えば、
 - 風から葡萄を守るため石垣を積んでいる。コンクリート壁では
  なく、石垣にしているのは代々の伝統をまもってきた。
 - 生産者が娘のために取っておいたバースディヴィンテージを
  わざわざ出してもらった一品
 など、味わいに関係のない要素に感激し、美味しいと感じる。
 しかし、雰囲気に流されている自覚が薄い。

・広く色々なワインを楽しもうとする。ひとつのカテゴリに閉じる
 ことは勿体無く感じる。色々楽しみたい。

・また誰と飲むかが重要。気のあう人と飲むと美味しくなり、
 気があわないと不味くなる。楽しいワイン会がすき。

・楽しむことがすき。だけれど、それを人に強要する悪い癖もある。
 特に、胆汁質や憂鬱質などにからみ、嫌がられる。

■ワイン会で
・コルクが落ちる(故意ではない)、誰かが遅れるなどアクシデントが
 あっても気にせず楽しんでいる。
・胆汁質にはテーマに拘らない楽しみを教えたいと思っている。
・憂鬱質などを見ていると、盛り上げてあげたくなる。
・粘液質には楽しく、一方的にしゃべっている。

⇒楽しまないことと損だ。そう思っている。
 場を盛り上げるサービス精神は旺盛。そのため不要な発言や
 嘘もついてしてしまうこともある。

広告を非表示にする