タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

カミュ垂直05-96


シャルム・シャンベルタン ドメーヌ・カミュ垂直

凡例:5大変良い、3普通、1良くない

    評価
2005年 1  ジャミーでフラットで濃厚すぎる。酸がない。

2004年 4  レモンやハーブの香り、尖った酸にふくよかさがある。
         淡さもよい。個人的には最も好き。

2003年 1  05にザラザラしたタンニンを加え、収斂性を追加。

2002年 2  高いタンニンと酸がある。収斂性と苦味がつよい。
         一見熟成しそうだが、実は中身がないと推測される。

2001年 3  悪くはないが、それほどよくもない。

2000年 5  酸とタンニンと果実のバランスが絶妙で、余韻が心地よく
         不快な収斂性がない。味わいに余裕がある。

1999年 3  悪くはないが、それほどよくもない。というのも、派手で
         はあるが、フラットな構成で、すぐに飽きる味わい。
1998年 - ブショネ(コルク)
1997年 - ブショネ(コルク)
1996年 2  99以上にフラットな構成。単純。とはいえ05,03よりよい



■全体を通じて
 コンディションはよく、ヴィンテージの特徴を素直に表現。
 なかでも04に関しては、向こう10年は美味しく、ものによっては
 向上が見込まれそう。暫定的には00が一番としているが、
 可能性を秘めていると思う。
 00が良い点は、シャルムに表現される、尖った酸や収斂性を
 感じさせない点。球体的。

 一方で、頂けないのは、05,03、99、96。
 構造がフラットで、ある方が03を「ACブル品質」といったのには
 的を得ていて、実際には他のヴィンテージも似た品質。

 ところで、この前飲んだ、ブリチック垂直のほうが、品質的に
 上でした。


■シャルムシャンベルタンについて
 軽く、シャープでチャーミングな味わい。
 このようなワインには、04、00があっていたように思う。
 熟成すると何が良いか・・・、それでも、やっぱり04,00が
 いいと思う。

広告を非表示にする