タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

オーレリアン・ヴェルデ06ニュイサンジョルジュ

2006年 ニュイサンジョルジュ オーレリアン・ヴェルデ

インポータ:ラシーヌ

赤果実系のベリーの、甘くない香りは、どこかきびきびしていて切れがいい。まだ熟成香はない。色をみても、エッジは紫で、元気がいい。

味わいは、ドライであり、骨格のあるボディ・タンニンが支配しており、後味に収斂性を感じる。一方で果実はあまり感じられない。酸に関しては、弱すぎず強すぎずの量を有し、タンニンを後ろから支える。

余韻は短くないが長くない。
口内でのフィードバック、より戻し感は少ない。
全体像は大きくないが、それほど小さくもない。
ヴィラージュとしては良くできていると思う。

時間が経過することで、タンニンと酸のまとまりが良くなり、ヴォーヌ的なゴージャス感を纏う。ただ、タンニンの荒々しさは、NSG。とはいえ、たぶん他のヴィンテージよりタンニンが美しく、ふくよかなヴィンテージの印象と作り手の個性がマッチした、ヴェルデは06はいいと思う。

広告を非表示にする