ブルゴーニュワインの感想

     所詮感想です。

ダヴィッド・レクラパールのエクストラ・ブリュット

ダヴィッド・レクラパールのエクストラ・ヴリュットを飲みました。もっさい味の中に芯の強さがあり、1週間では落ちない強さがあります。また、ほのかな甘さもあり、これ、本当にドサージュされていないの?と思いました。

 

インポータサイトでは、ドサージュしていないと書いてあるのですが、ワインライターの山本さんの記事

飲むべきブラン・ド・ノワール、考える自然派ダヴィッド・レクラパール - ワインレポート

を見ると、

 「ラルティスト」(収穫年2009)は樹齢30年から40年の2区画から。青リンゴ、キウイ、セージ、弾けるように快活で、レーザー光線のようにまっすぐで正確。ほのかにムスクのタッチがあり、チョーキーなフィニッシュ。鉄製タンクと中古樽の半々で発酵。エクストラ・ブリュットだが、ドザージュはゼロに近い数グラムだろう。

と書かれています。確かにダヴィッド・レクラパールのワインのラベルは、「ExtraBrut」と「PasDose」(ドサージュしていない)と書かれている2種類があります。あえて、この2種類があるのであれば、インポータはドサージュしていないと言っているのですが、実際には、「ExtraBrut」はドサージュしているのではないかと思いました。(甘さも感じましたし)そこで、インポータさん・ヴォルテックスさんに聞いてみましたところ、

お問い合わせ頂きました件ですが、ドサージュはしておらずノンドゼになります。エクストラ・ブリュットの表記に関しましては、万が一、やむを得ずドザージュをしなければならない場合を想定したためですが、これまでドザージュをするべきだと感じたケースはありませんので、ノンドゼでもエクストラ・ブリュットのエチケットを使用しています。

 とのこと。ということは、エクストラブリュットでもノンドゼということで、一件落着です。すっきりしました。

 

なお、ダヴィッド・レクラパールは、ビオディナミですが、ダヴィッドといえば、イコール、ダビデダビデといえば、ダビデ王やダビデの星六芒星)ですよね。六芒星といえば、シュタイナーでは天と地が交わる人を意味する記号です。んんん。