読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトル検討中 

   繊細なジュヴレか、82グランドリュ、もう一回飲ませて!

ラヴノー3日目

f:id:machiya11:20130719232028j:plain

明日ミュジニーのワインセミナーがあり、なにかグラスを持っていこうか決めあぐねていました。シャンボールミュジニーはグラス選びが難しく、若い場合閉じたグラスだとシャンボールらしくないし、深いグラスだと香りがあがらない印象もある。

30年程度経過したミュジニーであれば、アンピトオールドヴィンテージを持っていくのですが、若い場合悩んでしまいます。ミュジニーをあけるわけには行かないので、代打ラヴノーでイメージを沸かせてみました。

 

<グラス>写真の左から順に。ただし5)は未撮影。

1)アンピトワイヤーブル タステール(生産元不明)

2)アンピトワイヤーブル タステール (プジョー

3)パーフェクションブランデーグラス(バカラ

4)オノロジー ブルゴーニュ (バカラ

5)アンピトワイヤーブル No.1(赤ワイン用)(エスプリ・エ・ル・ヴァン)

 

結論から言うと、あまり参考になりませんでした。

・ワインが18年ほど前のヴィンテージであり、小瓶にとっているとはいえ抜栓して3日が経過しているため初日からはイメージが変わっており、若々しいワインを想定したティスティングにはなっていなかった。

・5)をはじめて白に使ったのですが、赤には向かない予感。

 

暫定的には、 パーフェクションブランデー のほうが良かった。仮説は明日。

 

 

広告を非表示にする